施工形態

ATIS工法の2つの形態

遮熱材と熱の供給方向との関係で、二つの施工方法が考えられます。ここでInsideとは、内側(室内側)に遮熱材を貼るものであり、Outsideとは外側(屋外側)を意味します。



Inside heat barrier

建物の外壁材や自動車の屋根材等の室内側に、トップヒートバリアーを取り付ける方法です。夏場は屋外からの熱を遮断し、冬場は室内の熱を逃がしません。

 


建築関係金属商品

 

建築関係金属商品(折版屋根、トタン屋根、金属瓦、外壁材、シャッター、プレハブ建物、ドア)

その他の金属商品関係

その他金属商品関係(船舶、自動車、航空機、車両、コンテナ、室外機、冷蔵庫、自動販売機)

コンクリート&石関係

コンクリート、石関係(高層ビルPC、一般ビル打ち込み、コロニアル、スレート、セメント瓦、ALC)

窯業関係

窯業関係(陶器瓦、窯業系サイディング、レンガ)

プラスチック関係

プラスティック関係(ヘルメット)Outside heat barrier

建物の屋外側、例えば浴槽やタンク或いは、配管等内側(室内側)の熱を外側に逃がさず保温したりするのに好都合です。

 

プラスチック関係

 

プラスチック関係(ユニットバス、仮設トイレ)

金属タンク配管関係保温

金属タンク配管関係保温(薬品等タンク、配管、保温ケース)