テント遮熱工法(建設業・設計事務所・メーカー向け)

(1)目的:テント生地の室内側にトップヒートバリアーを、完全密着した場合と一部浮かせた状態での差を、栃木県産業技術センターで測定し性能を検証する。

 

(2)日時:平成25年12月10日

 

(3)室内温度:20.0℃

 

(4)湿度:50%

 

(5)使用器材

   遠赤外線ヒーター:1000W/m2 照射距離60cm 標準テント方向の温度60℃
   テント生地:TE社製ポリエステル 100×120mm
   遮熱材:トップヒートバリアーT、0.1mm (PET-AL-Xコート)

 

(6)試験体
   SP-1:テント生地にトップヒートバリアーTを全面接着
   SP-2:テント生地にトップヒートバリアーTを空気層ができる様に周囲のみ接着
   SP-3:テント生地そのまま


(7)測定器具:サーモグラフィーFLIR SC640

 



 

 

 

 

農業用遮熱材を貼ったATISテントの裏面温度が29.9~26・9℃なのに対し、遮熱施工していないテントは51℃で、その差は21.1~24.1℃となった。これを見ても、ATISテントの性能の高さが歴然と解かる。