内装材付遮熱工法(建設業・設計事務所・メーカー向け)

屋根や外壁等外装材、石膏ボードや構造用合板等構造材或いは既存の天井や壁の室内側の表面にトップヒートバリアーを、更に表皮に印刷等によるプリント内装材或いは紙クロスを施工した遮熱構造である。

屋外からの熱は、外壁材を通して室内に入り石膏ボード等内装材に吸収され伝導熱になるが、室内側に取り付けられたトップヒートバリアーにて阻止される。

本来、トップヒートバリアーの室内側に他の素材を接触して取り付けると、伝導熱が室内側に伝わりトップヒートバリアーの効果がなくなるが、特殊なプリント技術により室内側には熱が放射しないように工夫されている。住宅向けは、将来的にプリント層の代わりに特殊紙クロス等も使用可能である。