反射工法(一般企業・工場向け)

どんな既築建物にも対応夏涼しく冬暖かい!省エネ省コストで多くの企業様にご利用いただいてます。輻射熱をさえぎることで結露の発生がなく最大の熱効率を高める遮熱工法です。

● 遮熱効果を高めるには(輻射熱を反射させる効果)素材の反射率が高いことが要求されます。

● 反射率が高い素材は金属(アルミニウムを含む)が主ですが、金属は結露の発生しやすい素材です。

● 反射率が高いということは、素材表面の温度が高温域においても低温域においても常温に近い温度となります。しかも、素材が吸収する熱量も少なく両面の温度差も小さくなります。

● 結露防止の方法として遮熱材に他の熱影響を与えない事が重要になります。

 

この熱供給の要因は伝導熱と対流熱です。

 

① 伝導熱の影響を受けない。 ほかの素材と接触させない=エアースペース※エアースペースが少ないと伝導熱の影響を受け、エアースペースが大きいと対流の影響を受ける。※従って、適度のエアースペースであること。

 

② 対流熱の影響を受けない。

空気を動かさない=静止空気

 

 

高反射率遮熱材+エアースペース・静止空気=遮熱効果が高く結露を起こさない