ヘルメットの温度検証

ヘルメットの温度検証遮熱処理をしたヘルメットと、遮熱処理をしていないヘルメットの違い

● 遮熱未施工ヘルメット天端温度①が57.4℃の時、遮熱施工ヘルメット内面温度④は28.6℃と28.8℃も温度低下させる事が出来る。

● 同様①が72.4℃になっても、④は31.7℃と40.7℃も温度低下させる事が出来る。

● 実際に作業者が被ったとき、人間の熱がどう影響するかの検証が必要であるが、体温以上の温度は反射される事は無いので、良い結果が得られると考えられる。