農業用ハウスへの遮熱への考え方

”超日陰”の実現により、過剰な熱や光を調整

ハウス内温度の安定・均一化により生産性能・品質向上に!

 

近年温暖化の影響で、野菜や果物等植物は光合成が必要ではあるものの、その前に萎れや生育不良等の防止のため、熱対策が重要な問題として提起されてきています。

これら植物に、最も熱の影響を与えるのは太陽光(輻射熱)です。

 

農業用遮熱の基本的な考え方年間通してハウス内温度安定・均一化

 

しかし遮熱ハウスは、太陽光を阻止してしまうので光合成は望めません。


ですが、当工法では既存のビニールハウス等の外側にカバー材として使用する事により、日蔭と日向の面積の調整等により本来の目的を達成させるものです。

 

一方、ハウス内全体を確実に遮熱材にて仕切、LEDや照明等並びに空調設備を使用する事により、省エネで生産性能の高い植物工場としても使用可能です。