好評発売中「シャネボウ」の優秀性について

ヘルメット用遮熱シート、帽子用遮熱シート
         

シャネボウの優秀性

【1】既存品との違い

 (1)ヘルメット:涼しさの秘密はW(ダブル)遮熱
     *ポイント:熱源は二つ、両方の熱を阻止する事が重要
      (太陽からの輻射熱、体温の輻射熱)

   ≪メットクーリング≫         ≪既存品≫
 頭部に輻射熱が殆ど照射されない  遮熱材の表面温度が下がる程、頭部
 ので涼しい。           からの輻射熱が増加する。

シャネボウ ハットクーリング メットクーリング

 

 (2)帽子
     *ポイント:繊維間を透過する輻射熱が暑いこれを阻止
                    
    ≪ハットクーリング≫      ≪他社品:繊維に金属蒸着≫
  輻射熱が頭部に照射されないので  繊維にステンレス等を蒸着しても
汗をかきにくい、ムレにくい    透過は防げない。

【2】蒸着品との違い

  *ポイント:見た目は同じでも、市販の蒸着品との違いは歴然
     遠赤外線ヒーターで照射、

   ≪シャネボウ仕様品:31.3℃ 市販の蒸着品:52.7℃≫

3】帽子に使用した効果は!

  *ポイント:反射面は屋外側、頭部側に面していない。しかも、頭部全面を遮熱材でカバーして頭部に輻射熱を照射させない。

遠赤外線ヒーター側温度約55℃の時、
   ≪シャネボウ仕様:20.1℃  通常品:53.4℃≫
 

2019/5/2 更新

2019年05月02日