ヘルメット遮熱

 

日本遮熱㈱製 遮熱カラーテープAZ商品なら、素人でも僅か10分で作製、費用もたったの260円

 


 

 

 

ヘルメットの内側に、トップヒートバリアー遮熱材を直貼りした遮熱工法は、平成24年日本遮熱株式会社が開発、東京ビッグサイトでも展示し好評を博しました。
 

この工法は、屋外からの輻射熱をヘルメットの外殻が吸収しますが、トップヒートバリアー遮熱材の低放射性能が頭部への2次輻射を阻止する事により、熱中症を防止するものです。

 日本遮熱株式会社が販売している‟遮熱カラーテープAZ“なら、ヘルメット内部の寸法に合わせて切断、周囲に適当数の切れ目を挟みで入れて貼るだけです。誰でも簡単に、しかも僅か260円位の費用で出来ます。 
 

ただ、この工法では第二の熱源である頭部からの熱放射に対しては阻止出来ず、あくまでも簡易的なものです。より高性能の商品を求めるのなら、日本遮熱株式会社製メットクーリングをお勧めします。

 

 


 

 

 

 

2020/9/22  更新

2020年09月22日