冬、床から寒いのが上がってくる??


寒い地方では、冬になると“床から寒いのが上がってくる“と言います。本当でしょうか?

熱は、高温部から低温部に移動します。

体温が36.5℃、床温度が10℃とすると、

  体から床面に向かって輻射熱が放射され、体の熱が奪われるので寒く感じます。又、足は床に着いていますので、伝導熱として床に伝達されます。

 

従って、床から寒いのが上がってくることはありません。

この原理を応用して、床面にトップヒートバリアーを敷きこめば、床の表面温度が上がり寒さは解消されます。

 

 

背面ユニット&床下ユニット&机下ユニット&足温器 単品の発売開始



頭寒足熱システムは こちら

 

 

 

2017年12月21日 更新


2017年12月21日