コロニアル屋根遮熱工事の開発

 

コロニアル屋根遮熱工事の開発


 老朽化したコロニアル屋根は、コケや藻が生えやすく強度の低下も激しい。しかし、耐久性を増す為には塗装するしか方法がありません。

 弊社では、コロニアルの上部に遮熱材を貼る事により、耐久性を向上させる方法を開発しました。これは、既存のコロニアル屋根材の表面を洗浄乾燥後、接着剤と両面テープを併用し遮熱材を貼る方法です。遮熱材は、コロニアルの凹凸に馴染みやすく、施工は非常に簡単、しかも安価に施工できます。

 遮熱材は、ピカピカ光るものは人間や鳥などの目を傷めるので使えませんが、弊社が開発した遮熱材は太陽光を表面で乱反射させる事が出来るので安心してご使用できます。

コロニアル屋根遮熱

 

 これにより、屋根の耐久性能が格段に向上するだけでなく、美観が大幅に変わります。
 又、雪国では“ゼロエネルギー融雪”が可能で、雪下ろしの必要が無くなり、死亡事故の減少にもつながると期待しています。

 

 

 

 

 

 

2018年10月5日 更新


2018年10月05日